プチプチの表裏はなにが正解?

プチプチ 梱包について
スポンサーリンク

梱包材のプチプチ。(エアキャップというそうです)

ふっと思ったのですが、空気が入っている方のでこぼこしている方と、平らの方と、どちらが表でどちらが裏なんでしょう?

そして、どう包んだ方が緩衝材として効果があるのでしょうか?

どうやら正解は・・・
梱包する物によって変えよう

のようです。

本来、特に表裏はないのだそう。

(1) プリント基盤などのように凹凸のあるものを包む場合は、プチ(凸)を内側にするとひっかかり、破損する恐れがあるので、プチを外側にします。

(2) 梱包後、ダンボールに縦に入れていく場合は、プチが外側だと摩擦が生じ、作業能率が悪くなるので、内側にします。

(3) (1)のようなプリント基盤を包装して、(2)のようにダンボールに入れる場合には、両面が平らの3層品もご用意しています。

(3) もちろん、「プチプチが外側じゃないとヤだ!」と、単に好みで使っていただいても結構です(ただし、(1)のような被包装物を除く)。

参考:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/123475.html

なるほど。擦れに弱いものはプチが外がいいってことですね。

私の場合ですが、商品を包む際はプチが内側にしています。
大体、プチプチで包んだ後にOPP袋に入れますのでプチが外だと袋自体が膨らんでかさんでしまうからです。

また、段ボールに敷くなどの場合はプチが外。

衝撃は外側から来るので少しでもクッション部分で吸収させた方が良いと考えるからです。平らの方が商品に面するので収まりがいいかな?とも感じています。

ちなみにプチプチを探していたら、ハート型のプチプチがあることが分かりました。

ちょっとした事なんですが、これで来たら…ちょっと嬉しいかも♡
女性や子供用の商品のときに使ってみようかなっ!

ハート型プチプチ『ハートプチ(はぁとぷち)』幅60cm×5M巻ロール

価格:653円
(2015/5/23 01:25時点)

タイトルとURLをコピーしました