amazonを名乗る迷惑メールの見分け方

迷惑メール amazon(アマゾン)でネットショップ

日本、米国アマゾンに購入者登録、セラー登録の両方しているので、アマゾンからメールが届くことはしょっちゅうあります。また、FBA出品ではなく、自社発送の場合は商品出荷依頼もメールで確認する必要があるので、アマゾンからのメールには注力しなければなりません。

私もアマゾンからのメールは見逃さないようにGmailでは、フィルタを作って「迷惑メールにしない」設定をしています。

ある日届いたアマゾンからのメールにビビる

「Amazonアカウントは24時間以内に停止されます!」

タイトル:Amazonアカウントは24時間以内に停止されます!
送信元メールアドレス:service01@edm1.mtfrtsw.com

HTMLメールでアマゾンのロゴが入っており、一見アマゾンからっぽいメールが届きました。

こちとらアマゾンで商売しとるんじゃい!勝手に停止されたら困るんじゃい!ということで確認してしまいますが、結構巧妙にできていて、これは騙される人がいるかもしれない。

メールのキャプチャを晒します。

アマゾンの迷惑メール

※クリックで拡大表示できます。

HTMLメールなので公式のロゴなどが入っており、一瞬騙されそうになります。

ただ、Gmailは迷惑メール認定しているようで、メールの上部にダイアログが出ています。

Gmailの迷惑メール認定は割と正確ですが、100%とはいえず一部メールマガジンや一斉送信メールなども迷惑メールフォルダに入ることは多々あるので、これがあってもすべてが迷惑メールとは限りません。

アマゾンを名乗る迷惑メールの怪しい点

送信元のメールアドレス

まず、送信元のメールアドレスです。
(今回は、@edm1.mtfrtsw.com というドメイン)

一見アマゾンと関係があるとは思えないドメインです。

ただ、送信元のメールアドレスはいくらでも偽装できるので、アマゾンに関係していそうなドメインを入れてくるヤツもいるかもしれません。

本文のたどたどしさ

今回のメールは割と巧妙に作られていますが、稀に日本語がおかしいときがあります。

ざざっと見て、フォントや日本語の口調がおかしいときは怪しい可能性大です。

リンク先のURL

迷惑メールと確信するのは、“どこにアクセスさせようとしているか”を見ることです。

迷惑メールといえど、受け取った人に何かアクションをして欲しくて送ってきているのですから、どこかしら自分達への入り口を残しているわけですね。

このメールですと、本文中央の「Amazonログイン」という目立つボタン、です。

わたくしはGmail上でこのメールを開きましたが、マウスを充てると画面下にリンク先URLが表示されます。

それがね「hentaiwonderland.com」になっていたのです。

へ ん た い ワンダーランドww

気になるドメインですね(笑)

でも、ここで分かりますね、正式なメールではないことを!

ただ、マウスを充ててURLを確認できることを知らない人もいますし、これは結構騙されます。

あくまでクリックするのではなく、マウスは充てるだけにとどめましょう

メールチェックをすると手を替え品を替え、amazon偽装メールを送り続けていた!

Gmailをチェックすると、このメールアドレス送信元はメールアドレスの文字列を少しずつ変えて何通もメールを送って来ていました。

タイトルを晒します。

  • Amazon Services Japan[緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!
  • Amazon Services Japanアカウントが閉鎖され(←なぜか途中で切れてる)
  • Amazon Services Japanプロファイル情報が変更されました

タイトルでメールを開封したくなるような煽る文章を使っているので、一瞬ドキッとしてしまいます。迷惑メールとしてはうまいですが・・本当困る。やめてほしい。

迷惑メールフォルダをチェックするとそこには絶望があった・・・

これらのメールはGmailの迷惑メールフィルタをすり抜けて(というか、自分でフィルタを作って迷惑メールに振り分けられないようにしていたのだけれど)来たメールなので、ふと思って迷惑メールフォルダをチェックしてみました。

・・・(絶句!)

アマゾンスパム

画像は迷惑メールフォルダ内を「amazon」で検索かけた結果です

アマゾンスパム、スゲー来てるっ!!

Gmailの場合は一旦迷惑メールフォルダに入ると、30日後に自動的に削除されますが、もし迷惑メールに入らなかった場合・・振り回されますね^^;

アマゾンスパムに振り回されない為のまとめ!

  • 1.送信元がアマゾンらしくなければスパム
  • 2.メール文章のフッターがAmazonとテキストだけで終わっている
  • 3.HTMLメールの画像が一部表示されていない
  • 4.メール本文中のリンク先が変
  • 5.タイトルに「!」マークなどを使って焦らせる

スパムメールはメールのどこかに必ず「証拠」を残していきます。

届いたからといって慌てて本文中のリンクをクリックしたり、返信してアポイントを取ったりしないで冷静に本文を読んで対応してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました